北国の空から

アクセスカウンタ

zoom RSS インド農民 借金で自殺増

<<   作成日時 : 2006/07/24 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7/24北海道新聞朝刊に次のような記事が載っていた。
「不作などで高利払えず GM作物導入も裏目」
(前略)同国では02年度以降、綿花農家などが収量が多く、使用する農薬が少量で済むとされる遺伝子組み換え(GM)作物の種子を使い始めた。価格は従来の四倍で、多くの農家が借金を重ねてこの種子を買ったが、最近の綿花価格の暴落などで借金を返せない農家が増えている。

北海道でも昨年、GM大豆種子を作付けする、しないで話題となった。
GM作物が安全かどうか私には分からない。
しかし、アメリカでは、除草剤をかけても枯れないGM大豆が主流となっていると聞く。
ということは、アメリカでは人間も動物もGM作物を食べていることになる。
アメリカ産の牛肉が、再び輸入されるようである。
アメリカの言い分は、「私たちが食べているから安全である」と言っているような気がする。
論理、科学を重んじる国とは思えない言い分である。
国内産の農産物にはトレンサビリティー、情報公開が叫ばれているのに、なぜ外国からの輸入品には、消費者は黙っているのか?。
もしかすると、黙ってはいないのだが、報道しないように誰かが操作しているかもしれない。
そういえば、外国産の米は安くて良いと言って輸入を推進していた人たち。
この人たちは、今でも外国産の米を食べているんですよネ。
この人たちは、自分では食べず、食べているのはもっぱら安月給の私たちだろう。
気付かないうちに、外食などで食べさせられているのではないか。
そういえば、外食店ではご飯のマズイ店が多いような気がする。
話はまとまらなかったが、目先のことはもちろん大事だが、本当は何が一番大切かを、考えるクセをつけなければならない。
それと、間違ったことをしたら、すぐ直すことだ。
しかし、間違ったことをしても、何とかもみ消そうとする、私のような姑息な人間は、偉そうなことは言えないのだが。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド農民 借金で自殺増 北国の空から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる